読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格が暗い20代の負け組無職精神病対人恐怖のブログ

性格が暗い、極度のコミュ障、対人恐怖症、鬱病、自閉傾向、脇見恐怖症、重度の鼻づまり、社交不安障害、適応障害、歯科心身症、ヤブ歯医者に噛み合わせ破壊された、不細工、高卒、友達がいない、職歴なし、裏切られた、無職の日記 ※自作楽曲をyoutubeにあげています

明日どうしよう そして忘れられない

ハロワ行くか迷ってる

 

 

行かないよりいったほうがましか

 

 

明日考えようと思う

 

 

 

俺は自閉症で小学からいつもなめられてた

 

 

幼稚園でさえ、俺をいじめるやつがいた

 

 

小学に入ってからはいじめられっぱなし

 

 

いつも標的にされる

 

でも心優しい人が何人かいた

 

 

その人たちがいなかったら俺は小学から引きこもってたかもしれない

 

 

5年のキャンプで

 

 

ただ飯を食ってるだけなのに

 

 

同じ班のやつらに色々いわれて

 

泣いてしまった

 

大泣きしてしまった

 

 

あの頃を思い出すと辛い

 

 

俺はやり返しもせずただ泣いてた

 

いじめっ子が4人くらいいたがその一人が急に優しくなって

 

俺を介助した

 

 

 

そいつは泣く前にものすごく俺を苦しめた最低の人間

 

中学になったらまた俺をいじめだしたクズ野郎

 

中1の頃はほんときつかった

 

きつすぎて

 

ストレス性の喘息になった

 

そのいじめっ子だけじゃなくて他にも5,6人のいじめっ子がいた

 

そして後にも先にも喘息になったのはこの1年だけ

 

 

ほんとに喘息といじめで毎日がつらくて

 

 

内科にいって処方された薬もあまり効かなかった

 

 

喘息スプレーとストローつきの水の入ったペットボトルを毎日常備してひたすら耐えてた

 

 

一時期自宅で夜頃に呼吸がとまった

 

 

水が近くにあったからすぐ飲んでなんとか一命をとりとめたが

 

あと3秒くらい遅かったらどうなってただろう

 

 

中1は悲劇だった 

 

 

あんなにつらい一年はない

 

 

クラス変わったら喘息があっという間になくなったから

 

 

今、いじめっ子の一人は親の家業を継いでる

 

良い高校いって、良い大学入って、仕事も安泰

 

 

いじめたことなんて忘れてるんだろうな

 

 

いじめを受けたほうは一生覚えてるからな